gallery high-hill
管理番号
技法
スクリーンプリント
ED
/750
制作年
2019
イメージサイズ
36.5cm×29cm
額サイズ
cm×cm
号数
作品の状態
備考
標準価格
1,210,000円(税込)
特別価格
 
送料無料
営業時間 平日10:00~18:00
  • 作家詳細
    Biography

本名はブライアン・ドネリー。
1993年から1996年までニューヨークの美術学校「School of Visual Arts」で学び、在学中に地下鉄やバス停の看板に描いた広告作品などが口コミで人気を集め、ニューヨークで最も人気のあるグラフティアーティストの一人になりました。
グラフィティアーティスト、トイデザイナー、彫刻家と様々な肩書きで語られますが、画家としてのKAWSの作品には原色の流線が飛び交い、ポップカルチャーのキャラクターが節々に垣間見られます。
2001年に渋谷パルコで開催した日本初の個展から20年が経ち、2021年7月より国内初の大型展覧会「KAWS TOKYO FIRST」が、森アーツセンターギャラリーで開催されました。
また、2021年2月ニューヨークのブルックリン美術館で展覧会が開催されており、KAWSは世界中から注目されています。

1974年 アメリカ、ニュージャージー州ジャージーシティーに生まれる
1991年 グラフィティアーティストとして頭角を現わす
2000年 UNDERCOVERとのコラボレーションにより春夏コレクション用に様々な商品も製作
2001年 パルコギャラリーにて個展を開催
2012年 Modern Art Museum of Fort Worthにてスカルプチャーが公開され、同じく「COMPANION」キャラクターをかたどった40フィートのバルーンによるMacy’s サンクスギビングデー パレードへの参加を果たす。
2021年 日本初大型個展「KAWS TOKYO FIRST」森アーツセンターギャラリー
  • 作品詳細
    Work Detail
2019年に販売されたKAWSの人気キャラクター「コンパニオン」をモチーフにしたプリント作品と立体作品。 同年の9月よりオーストラリア メルボルンのビクトリア国立美術館で開催された。 「KAWS:COMPANIONSHIP IN THE AGE OF LONELINESS」にて展示された巨大オブジェと同型のデザインである。 ミケランジェロの作品《ピエタ》を題材にしたとも言われており、CompanionがBFF Companionを抱えている様子が描かれている。
トップに移動する