gallery high-hill
管理番号
技法
オブジェ
ED
制作年
イメージサイズ
9.5cm×9cm
額サイズ
cm×cm
号数
作品の状態
備考
営業時間 平日10:00~18:00
  • 作家詳細
    Biography

「前衛女王」の異名を持つ、現代アートの第一人者。
絵画や彫刻(立体)のモチーフには水玉(ドット)模様や網の目(ネット)模様が反復される作品が特徴。
1957年渡米を期に、主にNYを拠点に活動。以後、ハプニングと称される過激なパフォーマンスをはじめ、自作自演の映画製作や平和・反戦運動にも携わる。
また、小説家としての活動やルイ・ヴィトンとのコラボなど商業分野の活動も盛んに行っている。
世界市場を見渡すと日本人作家では常にトップクラスの売上を記録するなど注目されている。

1929年 長野県出身
1957年 渡米、巨大な平面作品、ソフトスカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を発表
1965年 ボディ・ペインティング、ファッション・ショー、反戦運動など多数のハプニングを行う
1966年 第33回ベニス・ビエンナーレに参加し、「ナルシスの庭」を発表。また映画製作や新聞の発行などメディアを使った表現にも着手
1968年 自作自演の映画「草間の自己消滅」は第4回ベルギー国際短編映画祭に入賞、アン・アーバー映画祭で銀賞、第2回メリーランド映画祭にて受賞
1983年 小説「クリストファー男娼窟」で第10回野性時代新人賞を受賞。
1996年 国際美術評論家連盟よりベストギャラリー賞1995/96、ベストギャラリー賞1996/97を受ける
2000年 第50回芸術選奨文部大臣賞、外務大臣表彰を受賞
2001年 朝日賞受賞
2002年 紺綬褒章授賞
2003年 フランス芸術文化勲章オフィシェ受勲、長野県知事表彰(芸術文化功労)受賞。
2006年 ライフタイムアチーブメント賞(芸術部門)、旭日小綬賞、高松宮殿下記念世界文化賞(第18回)絵画部門受賞
2008年 松本市名誉市民に推挙
2009年 文化功労者に選出
2012年 ルイ・ヴィトンとのコラボレーションを発表
2014年 安吾賞を受賞
2016年 文化勲章受章、世界で最も影響力がある100人に選ばれる
2017年 「草間彌生美術館」(東京都新宿区弁天町)が10月1日に開設
  • 作品詳細
    Work Detail
草間の作品の中でも最も人気の高い「PUMPKIN」シリーズです。 草間が半世紀以上にわたって、水玉や網目の作品を作り続けてきたのは、 幼少期から抱えてきた統合失調や頭の中で動植物が語り掛けてくる幻聴、 視界が水玉や網目で埋め尽くされる幻覚などの恐怖から逃れるためだったそうです。 「かぼちゃ」を描くようになったのは草間が祖父の採種場へ遊びに行った際、人間の頭ほどの大きさのかぼちゃを発見する。 そのかぼちゃの愛嬌のある形、太っ腹な飾らぬ容姿、たくましい精神的力強さに魅せられた草間は、寝る間も惜しんで写実的に描くようになりました。 芸術祭も行われている事で人気の観光地、瀬戸内海直島の埠頭にも大きな赤いかぼちゃのオブジェが置かれています。
トップに移動する